2016年09月

こんにちは!


昨夜は新規ポイントにメバリング&アジング。


ポイントに入ったのは17時過ぎ。


海タナゴは多数目視できるが、
アジはいない様子(^^;;


日が暮れて、19時前から水面の様子が変わりサバが捕食活動を始めました。


水面を狙うとすぐにサバがヒット(^^;;


サバとアジのレンジは異なり、
アジは深いレンジにいると思います。


3gのジグ単カウント35くらいで着底するため、かなり深いポイントです。

底を丹念に狙うと、、、


23㎝の良型メバル!




ヒットルアーはドリームアップのグリリン。
カラーはクリアゴールドラメ。


1時間くらいで水面が静かになり
あたりもなくなったので竿納。


地合い中、着底までの間にサバがヒットしてきたのが痛い。。


マッカムを使うとサバやフグに食いちぎられるのでグリリンがいい感じでした!


アジは釣れませんでしたが、久しぶりの良型に会えてよかったです。



カルパッチョにして美味しく頂きました

おはようございます。

人生のイベントが終わり、少しだけ落ち着いたのでライトゲームに行ってきました(^^)


釣行記ではないですが、
バリ島の食べ物や良さをアップしましたので時間があれば見てくださいね!




下げ止まり付近から始め、ラメ系にアタリはなし(^^;;


グリーン系にして、カウントダウン5でヒット!!

ドリームアップ
グリリン1.2インチ


マッカムに変えてスローリトリーブしても、ヒット!

ドリームアップ
マッカム 1.7インチ


グリーンやイエロー系に好反応な本日の釣りでした(^-^)

『使用タックル』
ロッド:月下美人MX 76L
リール:15ルビアス2004
ライン:F0.3号
ルアー:ドリームアップ グリリン、マッカム


バリの料理や街中の記事を載せます。

バリでは一般人が利用する大衆食堂(ワルン)とレストランに分かれます。


レストランは旅行者向けなのでお高めですが、ワルンはかなり安い!


パドマリゾートホテルから徒歩5分くらいのとこにある、『ワルン ジョグジャ』


メニューを見るとびっくり!



安すぎます(笑)



ナシゴレン
20,000ルピアで約150円。
量も満足です(^-^)


ミークア(スープヌードル)
20,000ルピア


アヤムゴレン
鶏肉をカラッと揚げたもので、実はほぐれやすくとても美味い!!


定番のビンタンビール

アイスティ
5,000ルピアで40円くらい。

他にもワルンがたくさんあるので、調べて行ってみて下さい(^^)

本当に安いので


街中ですが、こんな感じ。


両脇にお土産屋とか食堂、マッサージ屋があって、常にhelloと声がけされます(^^;;


バイクが多く、信号がない為、道路はかなり危ないです。。
路地はバイクは歩道を走行し、車は中央を走ります(笑)

バックは背中に背負うとひったくられる危険があるので、必ず前に


一般道は普通ですがクラクションを直ぐに鳴らす習慣があるようです



基本的に街中は日本語は通じませんが、たまに少しだけ話せる人はいました(^^)

ホテルはカタコトで話せる人はいますが、基本は英語でした


でも、バリの人はとても優しく暖かさを感じました。

行けない地区もあったのでまた機会があれば行きたい国です



一週間バリに行って、昨日帰国しました!

とてもいい国なので、少し写真をアップします(^-^)


バリ島には、羽田→ジャカルタ→デンパサールとインドネシアのジャカルタ経由でバリへ行きます。


フライト時間は計8時間くらい。
長旅ですが、機内は映画が見れたり楽しめました!

機内食は日本食とインドネシア料理のどちらか選べます。

日本食

インドネシア料理
イスラム教、ヒンドゥー教なので鶏肉がメイン。


フライト後にヌサドゥア地区にある、
グランドハイアイアットバリに宿泊。

今回は二箇所に宿泊し、もう1つはレギャン地区にあるパドマリゾートホテル。



ホテル入り口には警備員がいて、車で通る際は車内や車の下をチェックされます(^^;;



ホテルにはプールがあり、いつでも泳ぐ事ができます。


ホテルはビーチに隣接してるのでプールから直ぐにビーチに行けました(^^)




あちらのビールは地ビールでBINTANGという名前。
1瓶、35000ルピアで270円くらい。

10,000ルピアが日本円で78円。
日本円からルピアに両替すると札が多くなりお金持ちになれます(笑)


その2に続く。。。


今年いっぱい、Dreem up社のモニターをさせて頂く事になりました(^-^)

第二弾の商品が着弾!!


ライトゲームの戦力になることは間違いなしです(*^◯^*)


乞うご期待(^^)

↑このページのトップヘ